福岡がん総合クリニック

前へ
次へ

個別化精密がん治療 ≪ Personalized Precision Cancer Therapy ≫

1人1人に合わせたがん治療へ

手術時に摘出される新鮮腫瘍組織は、患者さん個々のがんを攻略するための極めて大切な情報源です。がん細胞の遺伝子の異常を解析することで可能になるのが以下の治療法です。
 ※最適な分子標的薬剤の選択
 ※究極のがん免疫療法『自己のがん細胞の情報:ネオ抗原を用いた治療』

当院では手術日にお預かりした新鮮腫瘍組織を適切な処理を施して凍結保存し、ひとりひとりに最適な治療法を提供します。


当院で行っている主な診療内容

福岡がん総合クリニックは、免疫細胞療法と分子標的薬剤、抗がん剤等を中心とした難治性がんの総合的な医療を行うがん治療及び免疫療法専門医院です。


福岡がん総合クリニックから皆様へ

市民公開講座のお知らせ

当院とDCコンソーシアム主催による市民公開講座を開催いたします。今回は「がんプレシジョン医療の幕開け」と題し、世界的ながん遺伝子研究者である中村祐輔先生にご登壇いただきます。パネルディスカッションや皆さまの質問にもお答えしますので、どうぞご参加ください。

参加費は無料ですが、定員のため事前申し込み制となっております。下記申込書をご確認の上、FAX・お電話・Eメールにてお申し込みください。

日時
2018年11月10日(土)14:00〜16:00(開場13:30)
※終了いたしました。たくさんのご来場ありがとうございました。
会場
FFGホール(福岡銀行本店地下) 福岡市中央区天神2-13-1
資料
市民公開講座ご案内チラシ(PDF)
市民公開講座参加申込書(PDF)

2018/12/1 治療例について
2018年11月までの分布図を更新しました。
2018/11/14 市民公開講座の記録
公開講座を終えて 当院長からのメッセージ
2018/11/6 治療例について
2018年10月までの分布図を更新しました。
2018/10/2 治療例について
2018年9月までの分布図を更新しました。
2018/8/31 治療例について
2018年8月までの分布図を更新しました。
2018/7/30 治療例について
2018年7月までの分布図を更新しました。
2018/6/30 治療例について
2018年6月までの分布図を更新しました。

Quick Access




院長著書のご案内

ページのトップへ戻る