福岡がん総合クリニック

新規ペプチドを使った樹状細胞ワクチンの実施状況

概 要

福岡がん総合クリニックでは、自己腫瘍の凍結保存がない場合の代替的がんワクチン療法として、ペプチド樹状細胞ワクチンをおこなっています。
これまで使用してきたペプチドは、CEA, MUC-1, HER2,などのHLA-A2やHLA-A24の白血球型抗原の方に限定した汎用がん抗原ペプチドと、ミルテニーバイオテク社の開発した、NY-ESO-1, MUC-1, WT-1, Mage3といった多くのがんに発現する汎用抗原ペプチドを100種類以上合わせたロングペプチドを、樹状細胞に加えるワクチンの材料として使用してきました。

この度、従来のがん抗原ペプチドに加えて、現シカゴ大学教授の中村祐輔先生が顧問を務められているオンコセラピー・サイエンス社から、オンコアンチゲンのペプチド特許の使用許可を得、オンコアンチゲンペプチドを使うことが可能となりました。
オンコアンチゲンペプチドはがんの詳細な遺伝子研究に基づいて発見されたもので、がん細胞の増殖に関する蛋白質に由来するペプチドです。白血球の型の検査が必要で、白血球の型とがんの種類によって使えるペプチドが異なります。

更に、最近進歩著しいがん細胞の遺伝子解析をもとに見つけ出すネオアンチゲン(新生抗原)は患者さん一人一人の個別のがん細胞の産出する蛋白質の断片であり、遺伝子の解析結果をもとに、完全に個別化して合成されたペプチドは樹状細胞ワクチンを作成する材料としては究極の材料といえます。

昨年がん治療の新旗手として華々しく登場した免疫チェックポイント阻害剤の研究で、ネオアンチゲンの発現が多いほどこの薬剤の効果が高いことが分かりました。

免疫チェックポイント阻害剤はCTL(がん細胞を傷害する強力なTリンパ球)に作用してその攻撃力を下支えする働きをするものですが、CTLはネオアンチゲンの種類の多さと相関性があるわけで、CTLが体内にたくさん誘導されていれば免疫チェックポイント阻害剤の効果が相関的に高くなるのは合点のいく事実でした。

従ってネオアンチゲンペプチドを刺激材料に用いた樹状細胞ワクチンは、患者さん個別のがん細胞だけがもつ唯一無二の特異的なCTLを体内に誘導できるので、完全に個別化された精密ワクチン療法といえます。

当院では、2017年秋、このネオアンチゲンペプチドを用いた究極の樹状細胞ワクチン療法実施への取り組みをスタートさせました。

当院のペプチド樹状細胞ワクチンで使う新規ペプチドのまとめ

1:Long peptides
ロングペプチド;Miltenyi Biotech(ミルテニー バイオテク社)製
*既にがんワクチン療法で世界的に臨床試験が進んでいる以下の蛋白のうち、ペプチドワクチンとして働く可能性のあるロングペプチド(アミノ酸数15程度)を100種類以上合成し、混合したペプチドのプール。
NY-ESO-1, Mage3, MUC-1など
2:Oncoantigens peptides(初回投与時のみ特許使用料¥20,000/種類(税別)の加算)
オンコアンチゲンペプチド;世界的ながん遺伝子研究者である中村祐輔先生の研究室(現シカゴ大学)と先生が顧問をされているオンコセラピー・サイエンス社が開発したペプチド(HLA-A2402, HLA-A0201の患者さんに限定される)
3:Neoantigens Peptides
ネオアンチゲンペプチド;まず、患者さん一人一人の個別のがん細胞の産出する蛋白質の情報を、手術や生検で得られた新鮮腫瘍組織を材料として遺伝子解析にて割り出す。結果得られた情報をもとに合成される、完全に個別されたペプチド
ページのトップへ戻る