福岡がん総合クリニック

当院の治療法メニュー

主な診療内容

免疫細胞療法

様々な免疫細胞をがんの病態に合わせて体外で加工し、体内の最適な箇所に投与する治療法です。
当院では主に「活性化自己リンパ球療法」「樹状細胞ワクチン療法」「樹状細胞刺激活性化自己リンパ球療法」を行っております。

薬剤療法

主に保険適応外の薬剤を使用する化学療法です。(※保険適応薬剤であっても、投与の方法が特殊な場合は当院での保険外投与となります)
「保険外抗がん剤」「分子標的薬」「免疫チェックポイント抗体薬」等を使用します。


当院での診療は大別して上記の2つの療法を行っております。その他にも、がん診療に関するご相談やセカンドオピニオン等受け付けておりますので、当院の総合診療を詳しくお知りになりたい方はお電話にてお問い合わせください。


対象となるがんの患者さん

ページのトップへ戻る