福岡がん総合クリニック

免疫細胞療法メニュー

当院で行う樹状細胞ワクチン療法

樹状細胞ワクチンは、患者さんの体の中に既に存在する、がん抗原特異的T細胞(CTL)を刺激し、増加させる目的で行う免疫療法の一つです。

アフェレーシス(成分採血)で採血した白血球中の単球をIL-4とGM-CSFを用いて樹状細胞に分化させ、これに患者さん自身のがん細胞から抽出した蛋白質や、人工的に合成したがん抗原ペプチドを加えて、樹状細胞ワクチンを作成します。

樹状細胞ワクチンを作成する際、特に有用な材料となる患者さんの新鮮な腫瘍組織は手術の時にしか手に入らないこと、また、免疫療法における最新技術であるネオ抗原ペプチド樹状細胞ワクチン療法に必要な遺伝子検査のために必須の検体でもあることから、是非手術の前にご相談ください。

当院で用いる合成ペプチドは、学会や医学論文でその有用性が証明されたペプチドです。現在使用しているものに、ミルテニーバイオテク社のロングペプチドや、オンコセラーピー社のオンコアンチゲンペプチドがありますが、今後は、最も強力なCTLを誘導できるネオ抗原ペプチドを使用する例が増えてくると思われます。

新規ペプチドご案内はこちらから 

当院では、免疫反応が早く確実に体内で誘導されるように、樹状細胞ワクチンを投与する時は超音波ガイド下で、鼠径部リンパ節皮質内へ直接注射します。

樹状細胞ワクチンを数回行なった後に、皮内テストで体内にCTLが十分誘導されたことを確認し、末梢血からCTLを分離採取して、活性化増殖させた「樹状細胞ワクチン感作後活性化リンパ球」を点滴移入する場合もあります。


樹状細胞ワクチンのCTL誘導のメカニズム



樹状細胞ワクチン療法のエビデンス

1996年、米国スタンフォード大学のHsu FJ博士らによって、自己がんタンパクで刺激した樹状細胞ワクチンに関する世界初の報告が行われました。4人のB細胞悪性リンパ種の患者のうち、1例で腫瘍の完全消失、1例で部分縮小、もう1例が血液検査上の完全腫瘍消失、という驚くべき結果でした。
その後世界中で多くの臨床試験が行われ、米国では2011年に前立腺がんの治療法として樹状細胞ワクチンが承認されました。

最近の我が国からの論文としては、東京女子医科大学消化器外科の清水公一先生らが、2012年と2014年にそれぞれ胆管がんと肝臓がんにおいて、自己がんタンパク樹状細胞ワクチンと活性化リンパ球療法による術後の再発予防での有用性を示されています。

ページのトップへ戻る