福岡がん総合クリニック

治療実績紹介メニュー

治療例の英文医学論文発表の意義

がんの治療例を報告する場合には、個人情報保護に基づいた提示が必要です。また、真に信用に足る、責任ある医学的報告であるためには医学論文での発表が必須です。学会や研究会で発表されただけでは真の責任ある医学的報告とは言えません。インターナショナルな信用と理解を得るには、英文医学論文での報告が原則となります。がんの治療例の紹介においては、インターネットや雑誌だけでの症例提示だけでは医学的意味はなく、その内容が信用できるかどうかも疑わしい例が散見されます。当院では、未だ標準的がん治療としての位置づけのない免疫細胞療法(我が国では再生医療等安全確保法における第三種再生医療)の効果については、その医学的・免疫学的意義について深く研究・考察する義務がありますので、できるだけ英文医学論文として報告するように努めております。特に、世界的にも開始されたばかりのネオオアンチゲンワクチン療法については、できるだけすべて医学論文として報告するように努めています。

下記に著効例としてあげる症例の中には、既に当院から発表した最近の英文医学論文で報告した症例も含まれています。

最近の論文紹介(新しい順)

  1. Ichimiya S, Morisaki T et al.
    Contribution of pre-existing neoantigen-specific T cells to a durable complete response after tumor-pulsed dendritic cell vaccine plus Nivolumab therapy in a patient with metastatic salivary duct carcinoma
    Immunological Investigation. 2021 (Open access)
    https://doi.org/10.1080/08820139.2021.1973491
  2. Morisaki T, et al.
    Efficacy of intranodal neoantigen peptide-pulsed dendritic cell vaccine monotherapy in patients with advanced solid tumors: a retrospective analysis.
    AntiCancer Res. 41:4101-4115, 2021
  3. Morisaki T, et al.
    Intranodal administration of neoantigen peptide-loaded dendritic cell vaccine elicits epitope-specific T cell responses and clinical effects in a patient with chemorefractory ovarian cancer with malignant ascites.
    Immunol. Investigation 2020 (Open access) 2020.
    https://doi.org/10.1080/08820139.2020.1778721
  4. Kawamoto M, Morisaki T,et al.
    Long-term survival of a patient with recurrent gallbladder carcinoma, treated with chemotherapy, immunotherapy, and surgery: a case report.
    Surgical Case report. 2018. 4:115
  5. KawamotoM, Morisaki, et al.
    Stage IV gastric cancer successfully treated by multidisciplinary therapy including chemotherapy, immunotherapy, and surgery: a case report
    Surgical Case report. 2017. 3:112
  6. Morisaki T, et al.
    NKG2D-directed cytokine-activated killer lymphocyte therapy combined with gemcitabine for patients with chemoresistant metastatic solid tumors.
    AntiCancer Res. 2014, 34:4529-4538.

I 樹状細胞ワクチン(ネオアンチゲンワクチン含む)治療例

頭頸部がん


胸腺腫瘍


子宮体がん


肺がん


腎細胞がん


膵臓がん


膵神経内分泌がん


小腸がん


乳がん


大腸がん


悪性リンパ腫


樹状細胞ワクチンによる再発予防例

肺がん


悪性黒色腫


Ⅱ 樹状細胞刺激活性化リンパ球療法治療例

肺がん


胃がん


胆嚢がん


Ⅲ 活性化自己リンパ球の著効例

当院の活性化自己リンパ球療法に関する詳細は(英文医学文献6)の中で報告しています。

頭頸部がん


大腸がん


胆道がん


悪性リンパ腫


子宮頸がん


子宮体がん


ページのトップへ戻る